このページのトップへ
ホーム » 商品紹介
暮らし方に合わせて作るリビング収納
 壁面に自由なレイアウトをつくることができる、ロイヤルの玄関・収納可動収納システム「シュノー19」。テレビのサイズに合わせて棚の高さや数を決められます。また、お子さまの成長や生活の変化に合わせて収納をつくることができます。棚板は指定の幅にカットできる木棚と、軽くて水洗いできる樹脂棚があり、用途に合わせて選択できます。ハンガーパイプを追加すれば、吊るす収納も可能。サポート金具やブラケットには、さびにくい表面加工が施されており、湿気がこもりがちな場所にも安心して設置可能です。


NiwaNaviImage

テレビの大きさが変わっても高さ・幅・奥行きに対応とができます。床が見えるので、家具を置いたときのような圧迫感・狭さを感じさせません。


NiwaNaviImage
お子さまが小さい時はリビング学習コーナーに。お子さまが成長してそれぞれの部屋をもつようになったらパソコンを置いて書斎コーナーや趣味の物を置いてインテリアコーナーになります。


NiwaNaviImage

» 続きを読む

投稿者:remodel
「ドラえもん」でお馴染みののび太君が家のお手伝いでママからよく草むしりを頼まれますが、イマドキの子は草むしりをした経験のある子が少なくなっているそうです。マンション住まいが増えたり、都会では敷地が狭く、草くさむしりをするほどの庭がないなど、住宅事情の変化でしょうか。田舎育ちの筆者は勿論散々やらされた派ですが、建物はきれいなのに、外回りが雑草がよく成長しているのを見ると、残念でなりません。
敷地は狭くても、家の周りは土ですから雑草でお悩みの方は多いはず。

ホームセンターで防草シートが簡単に入手できますが、安さ重視で手を伸ばすのは注意です。防草シートは紫外線や風により年月と共に劣化するので、薄いのは劣化が早く進みます。また、シートの隙間から草は生えてきますので、シートの継ぎ目は10cmは重ねて敷きましょう。
防草シートの上に砂利を敷くことで紫外線から保護されますので、見た目もよくなりますのでお勧めです。



NiwaNaviImage
       エコナル防草シート[むき出し使用、砂利下使用、防草シート用]
         ブラウン色は砂利下に馴染むのでお勧めです。


防草シートのデメリットは、劣化は避けられないので、いずれは交換が必要になってくることです。通常は産業廃棄物として処分しなければなりませんので、各自治体に相談して適性に処分しましょう。
この手間を省くため、シート自体がある程度の年月で分解して行くものもあります。2〜3年で分解されてしまうものは逆にコストが高くなりそうです。



その他に雑草抑制砂利というのがあります。


ClipboardImage
NiwaNaviImage

» 続きを読む

投稿者:remodel
防犯意識が高まっているせいか、既存の窓にシャッターや雨戸を後付けするリフォームの需要が増えています。施工も最短で1時間程でできますので簡単です。


NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
入隅やサッシ下部や上部に取り付けスペースが少ない場合など、様々な納め方がありますのでご相談下さい。
なお、現在では手動シャッターから電動シャッターにすることが可能になっています。電動化=総取替えというイメージがありますが、総取替えするより3分の1の費用で取り付けられるようになっています。

しかし、もともと雨戸はあるけれど、古くなって動きが鈍い、毎日開閉するのが大変、閉めっぱなしだと留守をアピールしているようなもので防犯の逆効果になるなど、不便さが増すようでしたら、タイマー付きの電動式のシャッターにリフォームしてみてはいかがでしょうか。
これまで既存の雨戸からシャッターを後付けするには、雨戸を納める戸袋が弊害でした。戸袋を撤去すると外壁下地がでてしまうので、リフォームする場合はこの外壁下地を仕上げてからの施工で、工期も工費もかさみます。


NiwaNaviImage
文化シャッターの「タテヨコ」は戸袋の解体や外壁の修理が必要ないので、工期も予算もずっと抑えられます。

» 続きを読む

投稿者:remodel
リクシルの新商品「カーポートSC」のご案内です。
NiwaNaviImage
シンプルモダンな住宅のデザインにも調和するようにみえます。
ここに注目!!
「カーポートから樋が消えた???」
NiwaNaviImage



よりすっきりとした美しいカーポートを目指して、「SC」は雨樋を屋根・柱に内蔵。雨樋としての機能はそのままに凹凸を削ぎ落とすことで、従来のカーポートとは一線を画すノイズレスなフォルムを実現しました。
NiwaNaviImage


従来のよくあるカーポートの樋

NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
従来の車1台用のカーポートが20万円前後に対して、「SC」は30万円前後といった
価格帯です。


投稿者:remodel
日頃の掃除が欠かせないお風呂の床。毎日のことだからこそ、よりお手入れが簡単で、手間の省ける最新型バスがお役立ちです。
汚れを残さない最新バス
 浴室の汚れの原因は、皮脂汚れや石鹸カス。一度ついてしまうと落としにくいので、汚れを残さないことが大切です。
 最新のシステムバスは、その掃除の手間を解消。汚れがつきにくく、日々のお手入れがラクになるさまざまな工夫がされています。
NiwaNaviImage
汚れにくい床素材
 床の表面処理や素材に注目し、清掃性を高めた商品が各種登場しています。
 例えば、皮脂汚れがつきにくく、汚れが落ちやすくなる処理を施したタイプ。(写真A)また、硬い素材を使い、傷を防いで汚れを入り込ませないタイプや、フッ素などの汚れに強い素材を採用した商品もあります。
スポンジだけでキレイに
NiwaNaviImage
 「床の溝の掃除が面倒で・・・」という方には、溝の浅いタイプがおすすめです。
 溝が浅いと汚れがたまりにくく、普段のお手入れでスポンジが溝の奥にもしっかり届きます(写真B)。溝のゴシゴシ洗いから開放され、毎日の掃除がぐっとラクになります。
翌朝にはサラッと乾く
 水はけが悪く、いつもジメジメしていた従来型のバスの床。それに対し、最近人気の水はけの良い床なら、翌朝にはカラッと乾いて衛生的です。(写真C)
 床の細かな凹凸が、洗い場に残った床うぃ素早く広げる仕組みです。大きな水たまりができないので、乾きやすく、ヌメリやカビの発生も防いでくれます。
NiwaNaviImage
   ⇒こちらの施工事例もご覧ください

NiwaNaviImage
投稿者:remodel
寒い冬に欠かせない暖房器具。でも、「暖房をつけても、部屋があまり暖かくならない・・・」という悩みも多いものです。
部屋が暖まらないのは、窓の断熱性の低さが主な原因です。窓を断熱リフォームすれば断熱効率が大幅にアップします。
寒さの原因は窓
 窓は、家の中で一番熱の出入りが大きい場所です。窓などの開口部からは、冬の暖房熱の58%が外に逃げ出し、夏の熱気の74%が入り込んでいると言われています。
 つまり、冬の寒さの6割、夏の暑さの7割は窓が原因ということ。断熱性の高い窓にリフォームすれば、冷暖房が効きにくいという悩みも大きく改善されます。


NiwaNaviImage
高断熱な複層ガラス
 一般的に使われている、ガラスが一枚だけの「単板ガラス」は、暑さ寒さを通しやすいのが難点。
 一方で、2枚のガラスの間に空気を封じ込める構造の「複層ガラス」なら、断熱効果が単板ガラスの2倍にアップします。さらに、2枚のガラスの内側に、熱の伝わりを抑える特殊な金属膜をコーティングした「low-E複層ガラス」断熱性がさらに2倍になります。
 
フレームは樹脂製に
 一般住宅で最も普及しているアルミ製のフレームは、軽くて錆びにくい反面、熱を伝えやすい性質をもっています。このアルミフレームを樹脂製にすると、窓の断熱性が格段にあがります。

窓を二重にする「内窓」
 窓リフォームの方法にはいくつかありますが、最も簡単なのは「内窓」を設置することです。内窓とは、今ある窓の内側に新しい窓(内窓)を設置し、窓を二重にすること。内窓を複層ガラス+樹脂製フレームにすれば、高い断熱効果が得られます。内窓は工事が簡単なので、施工が1時間程度と早いのもメリットです。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
手軽なカバー工法も
 「窓が二重になるのは面倒」という場合は、カバー工法という方法もあります。カバー工法とは、今ある窓枠はそのままに、上から新しい窓枠とガラスを取り付ける工法。工事は1窓につき2時間〜半日で終わります。 
              螢螢侫ーム産業新聞より
投稿者:remodel
振動を熱に変え何度も使える
地震への備えは万全にしておきたいもの。施工は大がかりになりますが、地震の揺れそのものを軽減してくれる制震ダンパーがあります。
耐震と制震の違い
NiwaNaviImage
 地震への備えというと「耐震」をイメージする方が多いでしょう。
 一言でいうと、耐震とは揺れに耐えるということ。つまり、大きな揺れが起きても変形を抑えられるような強い建物に補強するのが耐震です。
 一方の「制震」とは、地震の力を受け流すこと。地震の揺れを吸収することで、建物を守るのが制震なのです。


     制震ダンパーとは
制震ダンパーは壁の内部に設置して、振動を伝わりにくくする装置です。
 木造住宅に施工すると、地震の揺で伸び縮みするダンパーを、壁のフレームの間に渡します。ダンパーは自動車のブレーキと同じように、特殊なゴムや油圧により、摩擦で揺れを熱に変換します。しなやかに動くことで、地震の力を他に分散させるのです。
 ある実験によると、揺れを最大70%も吸収しました。振動を受け流すので、何度でも繰り返し使用でき、建物への負担が少ないのが特徴です。
NiwaNaviImage
後付も可能
 壁のフレームの間に取り付ける制震ダンパーは、新築の際に付ける場合が多いのですが、後付けも可能です。壁を壊すような大がかりなリフォームの予定があるときには、検討してみると良いでしょう。
 最近では床下や天井に入れる制震ダンパーも開発されています。
投稿者:remodel
一度使うと、その便利さに驚く電動シャッター。防犯対策になるだけでなく、快適な住空間をもたらします。
 防犯に役立つシャッターですが、重さがあるため開け閉めには力が必要です。
 しかし、電動シャッターなら、家の中からリモコン操作で簡単に開け閉めができます。中には、リモコンひとつですべての窓シャッターwp一斉操作できるものがあります。
NiwaNaviImage
 また、電動なので音が静かなことも特徴で、騒音が気にならないため早朝や夜間の使用も可能です。さらに、使用する時に窓を開け閉めする必要がないため、外の暑さや寒さ、虫や雨などが入り込む心配がありません。1年を通して快適な環境を実現します。
投稿者:remodel
≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫

ホーム » 商品紹介
Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2018-08   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区
”お庭が楽しい暮らし、
ご提案いたします”
エクステリア&お庭工事 J-GARDEN
エクステリア&お庭工事
J-GARDEN
スタッフ募集中!
詳しくはこちらをクリック
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
機能よりも趣にこだわったリガーデン