このページのトップへ

暮らしに緑を

不等辺三角形の法則で庭に奥行きと調和を
NiwaNaviImage
 庭木や植物を植える際は、高さや位置が7:5:3の不等辺三角形になるように配置すると、バランスが良くきれいにまとまります。
 たとえば、中心となる高木を植えたら、その近くに低木を植えます。そして、少し離れたところに中木を配置します。
 正面から見たときの高さや位置だけでなく、上から見たときの植木の間隔もまた7:5:3の三角形になっているのがポイント。この構図が、幅と高さのバランスの取れた、奥行きの感じられる空間を生み出します。

コメント

コメントを書き込む










Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2017-08   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区
NiwaNaviImage
”お庭が楽しい暮らし、
ご提案いたします”
エクステリア&お庭工事 J-GARDEN
エクステリア&お庭工事
J-GARDEN
スタッフ募集中!
詳しくはこちらをクリック
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
機能よりも趣にこだわったリガーデン
NiwaNaviImage