このページのトップへ

素朴な疑問 建物の「耐用年数」とは?

建物の耐用年数=建物の寿命と思っていませんか?
「耐用年数」とは、資産の減価償却年数の元になる回数(年)を決めたものです。「建物の寿命」とは全く関係ありません。
構造によって耐用年数が異なりますが、実は確実な根拠が見当らないとのこと。根拠のない数字に資産価値が決められるのは納得いきませんね。



構造別の大まかな耐用年数は、
鉄筋コンクリート・・・47年
鉄骨造・・・34年
木造造・・・22年
軽量鉄骨造・・・19年
です。

          


気になる建物の寿命
2003年に早稲田大学から日本建築学会に発表された、「竣工記録に基づいた事務所建物の寿命調査」というのがあります。50%残存率(建物の半分が取り壊される年数)は、RC造で39.68年、鉄骨造で34.41年となっております。鉄骨造は耐用年数と近いものがありますが、RC(鉄筋コンクリート造)にいたっては少し開きがあります。寿命を迎える前に取り壊して新築する傾向にはさまざまな背景がありますが、日本人は不動産物件において新しいものを選ぶ傾向が高いので、築年数の経過した物件は需要が減っています。


建築物の寿命は、木造でもメンテナンスさえしっかりやっていれば、構造を問わず50年以上でも使用できます。メンテナンスをしても資産価値や需要がなければいっそ建て替えた方がコストが安いと思えてしまいますが、最近法廷耐用年数の改正が検討されています。資産運用に築古の物件が役立つ時代がやってくるかも。日本の「もったいない」精神が活かされるといいですね。

コメント

コメントを書き込む










Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2017-12   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区
”お庭が楽しい暮らし、
ご提案いたします”
エクステリア&お庭工事 J-GARDEN
エクステリア&お庭工事
J-GARDEN
スタッフ募集中!
詳しくはこちらをクリック
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
機能よりも趣にこだわったリガーデン