このページのトップへ

空間を広く見せるテクニック

広いと思っていた部屋が、家具を置いたら狭くてごちゃごちゃした印象で残念なお部屋に・・・。狭い部屋でも広く見せたい。少しでも広く感じられるコツをご紹介します。

ポイントしては、部屋を明るく、「白」を基調としたシンプルな部屋作りが基本です。

家具
見た目の床面積が広いほど、部屋は広く感じられますので家具を置くのは床面積の3分の1以下が目安です。フレームの細いもの(例えば脚が細いもの)がすっきり見えます。
また配置に関しては、部屋の入口から奥まで一本長く突き抜ける空間を作ると、「抜ける」という言葉を使いますが、視線が奥まで突き抜けることで部屋が広く感じます。背の高い家具は、入口から見えない壁際に置くのがベストです。そして壁際の一辺に寄せて配置するか、コーナーにまとめて置くとすっきりした印象を与えます。低い家具は天井を高く見せます。収納力のキャパシティを決めておくと必要のないモノに溢れずにすみます。シンプルさが広さを演出します。

窓廻り
窓廻りには出来るだけ物を置かず、光を取り入れるか、光の反射しやすい白い家具を置くとよいでしょう。カーテンはプリーツカーテンですと、ひだがあり意外と奥行きをとられます。プレーンシェード(上下に開閉)はすっきり感を演出します。掃き出し窓の開閉する回数が多い窓ではシェードや横型のブラインドは不向きですので、すっきり感にこだわるならノープリーツカーテンがおすすめです。
カーテンの色は白系の明るい色が広く見えますが、好みで柄物にしたいときは、小ぶりの柄の方が圧迫感を抑えます。大きい柄でも淡い色や寒色と呼ばれるブルー系でしたら圧迫を抑えます。
但し、小窓であればアートのように部屋のポイントになり、奥行感を出す効果があるので印象的な柄を選んでも良いでしょう。
カーテンの吊る仕方は、天井に近いところから吊るすと経てラインが協調されて天井が高く見えます。腰窓でも同様です。


壁の飾りはなるべくシンプルに、壁面が多く見えると天井が高く感じられます。
「フォーカルポイント」といって、部屋の中で視線が最も集まる見せ場のことをいいます。このフォーカルポイントを部屋の奥、大きな窓がある方向につくると、奥行感がでます。アートや写真、観葉植物などを目線の150センチくらいの高さに飾るのがポイントです。
また、大きな鏡を置くと空間に奥行きが生まれます。外の景色が映るように置けば開放感も増します。鏡のフレームは窓の額縁や他の家具と揃えると調和が保てます。


床も壁と同様に、見える面積が広いと広く感じます。ラグ類を敷くなら、あまり面積の広くないものが良いでしょう。


コメント

コメントを書き込む










Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2017-12   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区
”お庭が楽しい暮らし、
ご提案いたします”
エクステリア&お庭工事 J-GARDEN
エクステリア&お庭工事
J-GARDEN
スタッフ募集中!
詳しくはこちらをクリック
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
機能よりも趣にこだわったリガーデン