このページのトップへ

,花粉の季節となりました

少し寒さも和らぎ、春の陽気が気持ちよく感じられると思いきや、花粉症の人にとっては憂鬱な季節の始まりです。春になると涙目になりがちな筆者ですが、非花粉症を自称しております。花粉症になるまでのキャパシティは個人差があるそうですが、いつかは認めざるを得なくなるのでしょうね。

花粉症対策としては、極力花粉に触れないことですが、窓を開けない、洗濯物は外に干さない、帰宅した際は衣服に付いた花粉を払うなど、せめて家の中に花粉が舞うことのないようにしたいものです。とはいえ、自信が花粉症でないと家族の花粉対策に非協力的なのが4割を占めるらしいので、明日は我が身と思って意識改革が必要です。

お値段以で知られる「ニトリ」の花粉対策カーテンがCMでよく流れていますが、窓からの花粉の侵入を防いだり、室内に舞った花粉を吸着するカーテンを検討してみるのも良いかもしれません。
また、花粉症対策に空気清浄機や加湿器を置いているご家庭も多いかと思います。機能に合った場所に置かれていますか?花粉は人の出入りが多いところで舞うので、空気清浄機は入口に置き、出入りの少ない寝室には加湿器を置くのがベストです。

マスクやメガネ、薬など花粉症対策グッズは一大産業となっています。国民の4人に1人が花粉症で悩んでいるといわれていますし、人間だけでなくペットも花粉症になっているくらい、国民病と化しています。
最新の研究では、花粉や食物アレルギーの原因となっている免疫の病気は、腸内の免疫細胞のバランスが崩れることによって引き起こされていることが判明してます。
花粉症対策にはある乳酸菌を摂るのが良いというのはそこからきているようですが、胃液や胆汁の消化酵素により生きたまま腸内まで届くかが問題で、サプリメントやヨーグルトでを食べるだけでは難しいようです。
花粉症を含め、免疫の暴走によるアレルギーのメカニズムが解明されれば、多くの人が救われますので科学・医療技術の進歩に期待です。


コメント

コメントを書き込む










Contact
ブログカレンダー
<   2019-02   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区