このページのトップへ

明るさの話 南向きが一番?

南向きの直射日光が入る部屋だけが良いわけではありません。
リフォームする際は、メリットとデメリットを充分検討しましょう。



一般的に東南角部屋の日当りが良いマンションが喜ばれたり、日の光がサンサンと降り注ぐ南開放面の多い住宅に人気が集中する傾向にありますが、本当にこのような直射日光が必要なのか良く考えてみましょう。
室内には外部の建物や緑によって反射された光が窓を通って部屋に入ってきます。周辺環境にもよりますが、北側の部屋でも、昼間なら間接光で十分な明るさがありますし、インテリアや壁面、床なども白っぽいものにすれば反射量は増し、明るくなります。
反対に黒っぽいものが多ければ、部屋は暗くなります。

南向きの住宅は日差しが入りやすい反面、直射日光が当たってクロスや家具が焼けたり、反ったり、接着剤が剥がれやすくなるというデメリットもあります。また、壁材に使用されている木材表面や家具などの仕上げ材が10弌12个噺ければ問題も少ないのですが、3弌6个世犯燭辰燭螻笋譴燭蠅垢覺躙韻あります。さらに南開口部分が多く北開口部分が少なくなるため、北側はより暗い印象になりますし、構造材や筋交いの偏りが起こりやすいともいえます。
もし、南側に庭があればパーゴラの上に緑を、テラスがあれば窓際に緑を設けると、こうした強い直射日光を防げます。また夏の暑い時は葉が茂って光を遮り、冬は葉が落ちて光が入ってくる落葉樹を植えるのも一つの手です。
このように、自然を利用して直射日光を調節は、が建築計画の中では大小に関わらずセオリーとしてあるので、建築士に相談してみましょう。そしてリフォーム前には、本当に日差しが必要なのか、それとも明るさが欲しいのかを十分に検討して下さい。


NiwaNaviImage

コメント

コメントを書き込む










Contact
ブログカレンダー
<   2019-03   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区