このページのトップへ
ホーム » リ・モデル通信(スタッフブログ) » 生活コラム » 食器洗浄機は本当に便利?

食器洗浄機は本当に便利?

時間・労力・光熱費の節約になるとはいうけれど・・・

 最近は、日本でも食洗機を使う家庭が多くなりました。シンク近くに置く卓上型とシステムキッチンに組み込むビルトイン型があります。開発当初の、洗い残りのある、音がうるさいなどの問題点も、技術改善により現在はほとんど解決されています。最近では、体に害のない重曹使用が可能な食洗機も登場しました。
 食洗機は手洗いが不可能な60℃以上の高温洗浄が魅力です。手洗い用のスポンジには菌の繁殖の温床になっていると言われていますので、高温洗浄は清潔を保つ武器となります。また、少量のお湯を循環させ、効率よく洗浄するため、水の使用量は手洗いの1/6〜1/9。使用状況にもよりますが、水道代とガス代が節約でき、食洗機専用の洗剤費、電気代を加算しても従来の光熱費と大きな差はないようです。
 2016年7月に発売れたパナソニックの最新型据え置き型食洗機では、家族構成や使い方にもよりますが、年間25,000円もの節約になると謳っています。3〜4年間使用すれば、本体代金の元がとれる計算になります。
 また、ビルトイン型のデメリットとしてよく言われる、古くなって買い替えたり修理するときに大変であること。これは最近買い替え用のビルトイン食洗機もでてきているので、その問題のハードルは低くなっています。


それでもやっぱり手洗いがいいという方に

 家の中で一番バイ菌がたまりやすいところ、それは「トイレ」ではなく、実は「キッチン」なんです。
 口に入るものを取り扱うキッチンだからこそ清潔に保ちたいところですが、実は家の中で最も菌に汚染されている場所であることから目を背けないで下さい。
 食中毒菌の多くは生の食材を通じて家庭に持ち込まれ、調理時に触れた手や包丁、まな板などに移動していきます。
 通常であれば、こまめに手を洗ったり、まな板などの調理器具もこまめに洗ったり、熱湯消毒などを行うことである程度の細菌は死滅させることができます。しかし、「栄養・水分・温度」の細菌が好む環境が揃いやすいキッチンは、すこしでも細菌がのこっているとあっという間に繁殖してしまい、気がつけば家の中で最も注意が必要な感染警戒地帯になっているのです。
 キッチンの食器用スポンジは家の中で最も汚染度が高く、その細菌数はトイレ便座の20万倍以上とも言われています。結構ショッキングな話ですね。

・スポンジを使用した後は、汚れをしっかり取るよう水で十分にすすぎ、固く絞って水気を切り、スポンジ除菌効果のある洗剤をスポンジによくつけ、よくも揉み込み(このときに水はつけないこと)、洗い流さずそのまま置いておく。
・洗剤をしっかりと洗い流し、しっかりと水気を切って保管。
・速乾性の高いメッシュタイプのものを選らぶ。
・キッチン用排他ーなどで除菌したり、熱湯をスポンジ全体にまんべんなくかけた後に十分に水気を切り、天日干しなどで十分に乾かす。
・スポンジは、2週間に一度ぐらいで新しいスポンジに交換する。
など、清潔に保つ方法を紹介しました。きちんとやるには結構な手間がかかりそうですが、トイレ便座より汚いと思ったらやる気になりますね。
なお、スポンジメーカーも考えたもので、スポンジの片面に銀イオンを塗布して「抗菌力」を謳った商品もあるようです。
 食器洗い用スポンジが原因とする食中毒は聞いたことがありませんので、つまるところ気分的なことかもしれません。除菌や清潔ばかりが先行して、ヒトが本来持っている免疫力を弱めているのではと思う今日この頃です。


コメント

コメントを書き込む










Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2017-10   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区
NiwaNaviImage
”お庭が楽しい暮らし、
ご提案いたします”
エクステリア&お庭工事 J-GARDEN
エクステリア&お庭工事
J-GARDEN
スタッフ募集中!
詳しくはこちらをクリック
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
機能よりも趣にこだわったリガーデン
NiwaNaviImage