このページのトップへ

本当は怖いシャンプー

洗剤類は「合成洗剤」からして自然の産物ではないので、体に良くない物質を含んだものと判断できますが、シャンプーやリンス、ボディーソープはどうでしょうか。
直接肌に触れるものなので、余分な皮脂や汚れを洗浄してくれ、かつ害のないものであってほしいですよね。

今回はシャンプーの話。CMでは弱酸性や花のエキスでよい香りと潤いを謳っていますが、成分表を見てください。石油系界面活性剤「ラウレス硝酸Na」に注意です。
もともとは「ラウリル〇〇…」というエンジンオイルと落とす工業用洗剤の原料の強度を少し弱めたものです。市販のシャンプーでは薄めてありますが髪をパサつかせたりキューティクルを壊す原因だったりします。刺激が強いので、乾燥して肌荒れを起こします。男性は特に気になる抜け毛の原因に。目にも悪影響を及ぼし障害を招きます。動物実験では受精卵を破壊した実例もあります。

シャンプーは食べるものではないから安全という指摘もありますが、経口吸収よりも経皮吸収の方がタチが悪いです。商品を数回使ったくらいでは症状は現れませんが、分子構造が非常に細かく、長年使い続けることで経皮吸収されて化学成分が体内に蓄積されていきます。経口吸収だと肝臓で解毒されて尿や便となってある程度は排出されます。しかし経皮吸収だと直接細胞や血管に吸収されたり、排出が困難という側面があります。
成分を薄めているので害がないとは言い切れません。原液は「毒」と表記されたトレーラーで運搬されているのです。

市販のシャンプーはどれも危険では、ということになりますが成分表は使用材料の多い順に記載されますので、「ラウリル●●やラウレス●●、硫酸●●」が最初の方に記載されている商品は避けるべきといえます。赤ちゃん用のべビーシャンプーが比較的安全なので、お勧めです。
私たちはフケが気になる、毛穴の汚れが気になるからといって、シャンプーで過剰に皮膚を刺激してしまっているかもしれません。
そもそもシャンプーって必要なの?という原点に帰れば、「湯シャン」つまり、お湯だけで洗うことを勧める人もいます。ヒトの皮脂は35度くらいのぬるま湯で溶け出しますので、40度のシャワーで流水も弱め、指の腹でやさしく抑えながら流すだけで十分皮脂も埃や汚れが落ちるそうです。
毎日シャンプー派から「湯シャン」に切り替えると、最初は頭皮が乾燥したように感じ、人によってはフケが増えて断念した、というケースががるようですが、そこは辛抱するところらしいです。

美肌を保つための秘訣は?といったら「何もしないこと」とある美容研究家が言っていました。美容液をつけたり、揉んだり、たたいたり、肌に刺激を与えないこと。もともと皮脂の膜が肌を保護しているのだから、洗顔料は逆に保護膜を取ってしまうので肌を荒らしてしまいますよと。頭皮も肌の一部ですから同じなのかもしれません。

そもそも、「毎日お風呂に入って髪の毛を洗う」習慣は日本だけだそうです。シャンプーは週に3回がメジャーなのだとか。宗教上や気候や文化の違いからなのでしょうが、「毎日お風呂に入らないと気持ち悪い」という方が世界では理解されません。シャンプーは何を使えばいいのか?なんて水資源に恵まれた日本の贅沢な悩みなのかもしれませんね。




コメント

コメントを書き込む










Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2018-03   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区
NiwaNaviImage
”お庭が楽しい暮らし、
ご提案いたします”
エクステリア&お庭工事 J-GARDEN
エクステリア&お庭工事
J-GARDEN
スタッフ募集中!
詳しくはこちらをクリック
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
機能よりも趣にこだわったリガーデン
NiwaNaviImage