このページのトップへ
ホーム » リ・モデル通信(スタッフブログ) » 商品紹介 » 暖かい住まいづくりは窓の断熱から

暖かい住まいづくりは窓の断熱から

寒い冬に欠かせない暖房器具。でも、「暖房をつけても、部屋があまり暖かくならない・・・」という悩みも多いものです。
部屋が暖まらないのは、窓の断熱性の低さが主な原因です。窓を断熱リフォームすれば断熱効率が大幅にアップします。
寒さの原因は窓
 窓は、家の中で一番熱の出入りが大きい場所です。窓などの開口部からは、冬の暖房熱の58%が外に逃げ出し、夏の熱気の74%が入り込んでいると言われています。
 つまり、冬の寒さの6割、夏の暑さの7割は窓が原因ということ。断熱性の高い窓にリフォームすれば、冷暖房が効きにくいという悩みも大きく改善されます。


NiwaNaviImage
高断熱な複層ガラス
 一般的に使われている、ガラスが一枚だけの「単板ガラス」は、暑さ寒さを通しやすいのが難点。
 一方で、2枚のガラスの間に空気を封じ込める構造の「複層ガラス」なら、断熱効果が単板ガラスの2倍にアップします。さらに、2枚のガラスの内側に、熱の伝わりを抑える特殊な金属膜をコーティングした「low-E複層ガラス」断熱性がさらに2倍になります。
 
フレームは樹脂製に
 一般住宅で最も普及しているアルミ製のフレームは、軽くて錆びにくい反面、熱を伝えやすい性質をもっています。このアルミフレームを樹脂製にすると、窓の断熱性が格段にあがります。

窓を二重にする「内窓」
 窓リフォームの方法にはいくつかありますが、最も簡単なのは「内窓」を設置することです。内窓とは、今ある窓の内側に新しい窓(内窓)を設置し、窓を二重にすること。内窓を複層ガラス+樹脂製フレームにすれば、高い断熱効果が得られます。内窓は工事が簡単なので、施工が1時間程度と早いのもメリットです。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
手軽なカバー工法も
 「窓が二重になるのは面倒」という場合は、カバー工法という方法もあります。カバー工法とは、今ある窓枠はそのままに、上から新しい窓枠とガラスを取り付ける工法。工事は1窓につき2時間〜半日で終わります。 
              螢螢侫ーム産業新聞より

コメント

コメントを書き込む










Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2017-12   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区
NiwaNaviImage
”お庭が楽しい暮らし、
ご提案いたします”
エクステリア&お庭工事 J-GARDEN
エクステリア&お庭工事
J-GARDEN
スタッフ募集中!
詳しくはこちらをクリック
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
機能よりも趣にこだわったリガーデン
NiwaNaviImage