このページのトップへ

花粉症を悪化させる習慣

花粉の季節となりました。
マスクやメガネで毎日しっかり花粉対策しているのに、どんどん症状がつらくなっている気が…。
そんな方は、気づかないうちに花粉症の症状を悪化させてしまう習慣が身についてしまっているのかも。
少しでも楽になるために、NG習慣を学んで改善していきましょう。



睡眠不足はNG!規則正しい生活を!
夜ふかしの習慣がついてしまって、睡眠不足になっていませんか?睡眠が足りてないと免疫やホルモンのバランスを崩しやすくなり、花粉症の症状を悪化させる原因になってしまうことがあります。
規則正しい生活リズムをつくるのはもちろんですが、花粉症の症状が出はじめると寝つきも悪くなるので、寝室の花粉除去や寝る前の入浴、自分に合った寝具選びなど、寝つきやすい環境づくりも大切です。



ストレスの溜め込みは、花粉症の大敵!
ストレスは自律神経を狂わせたり、免疫のバランスを崩すと言われています。免疫のバランスが崩れると、ちょっとの花粉に対しても過剰に反応してしまう場合があります。そのせいで花粉症が悪化すれば、さらにそのストレスも溜まってしまい悪循環に…。日頃から、趣味やスポーツでストレスを発散するよう心がけましょう。体が疲れていると思ったら、無理せず休養をとってください。

アルコールの飲みすぎは、症状の悪化に!
日々のストレスを発散するのにお酒を飲む方も多いのでは?でも、お酒は血管を拡張させてしまい、鼻づまりや目の充血などの症状を起こりやすくしてしまいます。さらに、おつまみとして食べるものには高タンパク、高脂質のものが多く、食べ過ぎると免疫力を低下させ、花粉症によくないと言われています。春は、お酒を飲む機会が増えるシーズンですが、飲み過ぎないように注意しましょう。

喫煙はもちろん、喫煙している人に近寄るのも注意!
タバコの煙は、鼻の粘膜を直接刺激し、鼻づまりを悪化させる原因になります。喫煙者は自身のタバコの煙が悪影響を及ぼしますが、タバコを吸わない人も喫煙者の煙によって刺激を受けてしまいます。また、排気ガスなども刺激の原因になりますので、部屋では空気清浄機を使って空気をキレイにしたり、外出時はマスクなどをきちんと着用するようにしましょう。



花粉症の時期は、コンタクトレンズよりメガネを!
花粉症の症状が強く出ているときや花粉飛散時期にコンタクトレンズを装用すると、レンズに目やにや花粉が付着して症状が悪化することがあります。花粉症の時期は、コンタクトレンズではなくメガネに切り替えましょう。メガネを使用することで、花粉から目を守ることができ、さらに点眼薬も使用しやすいというメリットがあります。症状が良くなってきたらお医者さんと相談のうえ、コンタクトレンズに戻しましょう。

花粉症の点眼薬は、コンタクトレンズを外してから!
ソフトコンタクトレンズを付けたまま点眼薬を使用すると、薬に含まれる防腐剤がレンズに吸着して目のトラブルにつながる可能性があります。また、防腐剤が入っていない点眼薬でもレンズとの相性によって、レンズが変形したり白く濁ったりすることもあります。点眼薬を使用する際には、原則としてコンタクトレンズを外した状態で使用するようにしてください。点眼後も、十分に間隔をあけてからコンタクトレンズを装用するようにしてください。1日使い捨てタイプのコンタクトレンズを使用している場合でも、使用状況によって影響が変わることから、かかりつけの眼科医に判断していただきましょう。



花粉症のつらい症状は放置せず、病院へ!
花粉症の症状が出はじめても、がまんして花粉シーズンが終わるのを待っていませんか。放っておいても花粉の飛散量とともに症状が悪化するだけです。きちんと病院に行って自分に合った治療を受けましょう。また、花粉の飛散開始前の症状が軽いうちから治療開始すると、楽に花粉シーズンを乗りきれるのでオススメです。


コメント

コメントを書き込む










Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2019-03   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区