このページのトップへ
2018年12月の記事
髪の毛やゴミの他ヌメリも気になる浴室の排水口は、掃除が厄介な場所です。お手入れのしやすさを追求した排水口なら、ポイっとゴミが捨てられキレイが長持ちします。

浴室の排水口は、髪の毛が絡まりやすく、汚れがたまると掃除をするのも億劫になります。お手入れをつい後回しにしたくなりますよね。
従来の排水口は、凹凸の多い複雑な構造のものが多く、ヌメリや悪臭も発生しやすくなっていました。
最近は掃除がしやすいように工夫された排水口が登場しています。



水の力を利用してゴミをまとめる

湯船の水を抜くときの流れを利用して、ゴミをまとめる排水口があります。湯船から排水された水がヘアキャッチャー内で渦をつくり、その渦の勢いで髪の毛などのゴミをまとめます。
そして、ヘアキャッチャーにたまったゴミは、取っ手を持ってポイっと捨てるだけ。ゴミに触れることなく処分できます。こまめに捨てることで、ヌメリの発生も少なくなるのです。
また、排水口本体の形状が凹凸の少ないシンプルな構造になり、奥まで手が届きやすくなっています。
湯船の水ではなく、シャワーや洗い場の湯を使って水流をつくるタイプもあります。


NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
  LIXIL/くるりんポイ排水口    髪毛くるくるポイ新型Cタイプ


汚れのつきにくい排水口

また、汚れが付きにくいように素材を工夫したものもあります。ステンレス製の排水口なら、汚れが染み込まず丈夫で衛生的です。さらに、防汚コーティングされているものなら、水洗いだけで簡単に汚れを落とすことができます。


» 続きを読む

投稿者:remodel
ご自宅を店舗併用住宅にリフォームするとのことでリフォーム中のN様邸ですが、行政上の許可を得るために手洗器の設置のご依頼を頂きました。

Before|After


ClipboardImage
NiwaNaviImage
設置箇所はシンク横です。
キッチンからの給水を分岐して手洗器用の給水管を新設します。


» 続きを読む

外壁や屋根の塗替えに用いられる塗料は、耐久性が高くなるほど価格も高くなります。
予算と今後の塗替え計画を考えて適切な塗料を選びましょう。



塗料の種類により耐久性が異なる
塗料の種類は、含まれる樹脂によって大きく4つの種類に分けられます。「フッ素」「シリコン」「ウレタン」「アクリル」です。
注目したいのはその耐久性。フッ素は15〜20年、シリコンは10〜15年、ウレタンは8〜10念、アクリルは4〜7年です。

最も耐久性が高いのはフッ素塗料です。塗料同士が強く結び付く力がとても強く、雨風や雪をうけても剥がれにくいのが長持ちの理由です。ビルや橋、歴史的建造物にも使われている塗料です。

フッ素塗料についで耐久性が高いのがシリコン塗料です。耐久性と価格のバランスが良く、現在多くの住宅で用いられています。汚れにくい特徴も持っているため、塗替え後の美しさが長く続きます。

ウレタン塗料も耐久性と価格のバランスが良い塗料です。シリコンに比べると安価ですが、耐久性や防汚性はシリコンには及びません。

最も安価なアクリル塗料は、30年ほど前まで多くの住宅で使用されていた塗料です。他の塗料に比べて耐久性が低く、ひび割れや剥がれが起こりやすいため、現在ではあまり使用されていません。

長く住むなら高耐久性の塗料がお得
塗料の耐久性が高くなるほど価格も高くなります。塗替え費用を抑えようと耐久性の低い塗料を使った場合、次の塗替えまでのスパンが短くなるので注意が必要です。
外壁や屋根の塗替えは、工事前の洗浄や足場組など、塗料以外のコストもかかります。これからも長く住み続ける家であれば、塗料代は高くとも塗替え回数が少なくてすむタイプを選んだ方が、トータルコストを抑えられます。


投稿者:remodel
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
弊社大宝建設グループ物件をご購入頂き、オプションで食器棚の設置依頼を頂きました。
天井との隙間を埋めるために目隠し材(フィラー)の下地を作っています。

設置完了です。天井との隙間を埋めることでホコリが蓄積するのを防ぎます。 
もちろん扉色を既存のキッチンと合わせています。

NiwaNaviImage
タカラスタンダード/オフェリア
トールユニット間口90cm
家電収納ユニット(ワゴンタイプ)間口90cm

右側に冷蔵庫を設置しますので、出し入れの置き場を考えた使い勝手のよい組み合わせです。ワゴンタイプはダストボックスが置けますので、キッチン周りはスッキリします。


投稿者:remodel
冬を暖かく過ごすポイントは、太陽の「光」を取り込むことと、室内の熱を外に逃がさないことです。
その鍵となるのは窓です。
断熱性の高い窓で、しっかり断熱しながら太陽の暖かさを取り込めば、冬の部屋はポカポカ快適です。



冬場の南側の窓から差し込む太陽光には1000Wの電気ストーブ並みの暖房能力があると言われてます。
天気の良い日はカーテンを開け、窓から太陽光をとりこみましょう。

太陽光や暖房で部屋を暖めたら、その熱を逃がさない工夫が必要です。カギとなるのが、窓の断熱です。
冬に部屋から逃げる熱の半分以上は窓からと言われるほど、窓は家の中でも一番の出入が多い場所です。
そのため、断熱性の低い窓だと、暖かな空気がどんどん外に逃げることに。逆に断熱性の高い窓なら部屋の熱が逃げにくく、効率よく部屋が暖まります。



複層ガラスなら断熱性が約2倍に
窓には、1枚のガラスで出来た単板ガラスと、2枚のガラスの間に空気層を含む複層ガラスがあります。
日本の住宅の約7割では単板ガラスが使われていますが、単板ガラスは熱を逃がしやすく、断熱性は期待できません。
一方の複層ガラスは、空気層が断熱効果を発揮。単板ガラスの約2倍です。さらに、熱の伝わりを抑える特殊な金属膜を使ったLOW-E複層ガラスと呼ばれる高性能な複層ガラスなら、断熱性は単板ガラスの4倍に。


また、窓のフレームも金属製のアルミサッシよりも樹脂製のサッシの方が高断熱です。
アルミの1000倍!の断熱性を発揮します。



壁を壊さず窓をリフォーム
最近の窓のリフォームは簡単に短時間で終わる工法が登場しています。
なかでも手軽なのは、今ある窓をそのまま残して、内側にもう一つ窓を設置する内窓。新たに取り付ける窓を複層ガラス、サッシを樹脂にすれば、断熱効果が大幅にアップします。
1つの窓なら1時間程度で工事が終わる手軽さもメリット。但し、窓が2重になるので、開け閉めや掃除の手間が増えます。
2重窓が面倒であれば、既存の窓枠に新しい窓枠をかぶせて取り付けるカバー工法があります。こちらも壁を壊さず工事ができるので、1つの窓なら2時間〜半日で工事が終わります。


NiwaNaviImage

LIXIL/インプラスウッド
木、アルミ、樹脂それぞれの素材の特長を掛け合わせたハイブリッド構造。インプラスの高性能はそのままに木のぬくもり、やさしさをプラスしデザイン性を高めています。
2重サッシは断熱だけでなく、防音・防犯効果のメリットも。
投稿者:remodel
家の耐久性を維持するために、外壁は定期的な塗装が必要です。
単純に自分が好きな色!いいという訳にはいきません。
外壁の色は家の雰囲気を大きく左右し、一度塗ると次の塗り替えまで10年は同じままです。
自分の好みだけで色を選ぶと、失敗したりトラブルが起こったりすることもあります。
外壁塗装で後悔しないためには、色選びの段階でしっかり検討することが大切です。


家の周りの景観を観察する
両隣や向かいの家の色をチェックしましょう。
外壁を新しい色に塗り替えたとき、自分の家だけが浮いて見えないか想像します。

希望する色が家に合うかチェックする
希望する色が家に合うかも大切なチェックポイントです。
窓枠やサッシ、玄関ドアの色などとマッチするか確認しましょう。
ブロック塀やフェンスなど、エクステリアとの調和も大事です。

住んでいる市区町村に景観のガイドラインがあるか確認
市区町村によっては、景観ガイドラインが定められている場所があります。
景観ガイドラインとは、各都市がきれいな景観を守るために定めた独自のガイドラインのことです。
ガイドラインが適用される場所で派手な色や奇抜な色にすると、塗り直しになる可能性があります。
事前にガイドラインがあるか確認し、場合によっては周辺の街並みや自然環境に調和する色を選ぶ必要があります。



色の組み合わせは2〜3色にする
使う色は3色までに抑えると、仕上がりが美しくなります。
それ以上色を増やすと、まとまりのない家になります。洋服のコーディネイトと一緒ですね。
2色のツートンカラーにする場合は、調和のとれた同系色か、同じような薄さの色を選ぶといいでしょう。
割合は1:1ではなく、多く塗るベースカラーともう1色のアソートカラーの比を6:4か7:3にするとバランスがよくなります。

上下に色分けする場合は、上よりも下を濃い色にする方が落ち着いた雰囲気になります。上級者向きですがベースカラーとアソートカラーの境目に、挿し色で3色目のアクセントカラーを入れる方法もあります。
個性的でスタイリッシュな雰囲気に変えることができます。



建物の部位名を覚えましょう。業者と話をするうえで、こちらの意思を伝えやすくなります。


NiwaNaviImage


部位ごとの色決めのポイント
軒天は屋根の裏側ですが、この場所は日が当たらず、色が暗く見えます。
立体感のある家にするために、影になることを考えて薄めの色にしましょう。
白か外壁よりも薄い色にすると、室内から見たときも外が明るく見えるのでおすすめです。

庇は、外からは屋根のように見える場所です。屋根と同じ色にするのがいいでしょう。

破風板とは屋根と外壁の間にある部分で、屋根の下や横から風が吹き込むのを防ぐ役割があります。屋根と同じ色にすると一体感が生まれます。

雨どいはアクセントに使うこともできますが、外壁と同系色にして雨どいの存在感をなくすこともあります。ただし、白は劣化が目立つので避けたほうがベター。


投稿者:remodel
Contact
ブログカレンダー
<   2018-12   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区