このページのトップへ
ホーム » リ・モデル通信(スタッフブログ)
新築やリフォーム時に、多くの方がフロアーコティングを検討されています。フローリングは水や湿気に非常に弱いため、そのまま放置するとツヤが落ち、次第に表面が乾燥し、ひび割れや色あせが発生してしまいます。今までは、そんなトラブルを防ぐため一般的にはワックスでお手入れをする方が多かったようです。筆者の実家も盆と正月の大掃除で床のワックスがけが恒例で、結構な重労働でした。新築物件やリフォーム後はやはり綺麗に保ちたいという思いから、費用をかけてでもメンテナンスの軽いフロアーコーティングを検討されるのでしょう。
そもそもフロアーコーティングとは?

簡単にいうとワックスよりも耐久性、硬度の高いワックス。含有される成分の濃度、含まれる成分の違いによって耐久性、硬度を高めているといった違いがあります。
 市販のワックスは3ヶ月〜6ヶ月に一度剥離して塗り直す必要がありますが、フロアーコーティングはワックスに比べて耐久性が比べ物にならないくらい高く長い目でみるとフローリングのメンテナンスが楽になるといった利点があります。


コーティングの種類 メリットとデメリット
 フロアーコーティングは大別して油性と水性の2種類があります。
マジックペンや水性ぺンと同じように、油性の方がとれにくく、耐久性が高い。水性は耐久性が弱くインクが落としやすいといった違いがあります。
 それなら耐久性の高い油性に!と思いがちですが、密着度が高い分一度施工してしまうと除去するのが難しいというデメリットがあります。10年、20年と経年劣化はありますので、その時にそのまま現状を維持するか、フローリングが傷んでひび割れなどを起こしていたらフローリングを張替えたり、重ね貼りの検討が必要になってきます。
 含まれる成分については商品によって違いますし、メーカーによっては成分を非公表としているところもありますので、注意が必要です。コーティングの再施工はできないものとして考えましょう。

油性の代表として、シリコンコーティング、UVコーティング、ガラスコーティングがあります。耐久年数はメーカーによって違いますし、溶剤が含まれていることが多いので、フローリングの種類、相性によってはフローリング自体をを傷めてしまう場合がありますので、慎重に検討して下さい。

 水性は市販のワックスに近い成分でアクリル樹脂系と呼ばれるコーティングが多いです。前述した油性のものよりは耐久性が劣りますが、ワックスよりは長い耐久性があり、再施工ができるというメリットがあります。実際として、10年経過したからコーティングを塗り替えようかと思うのか、よほど見苦しくなければ数十万のコストをかけてまでの塗り替えをしようとは思わないかは人それぞれかと思います。実際は後者の方が多いのが現状かと思いますので、その辺もコーティングの種類を選ぶポイントになりそうです。また、小さなお子さまがいる、ペットがいるなどの状況に応じてそれぞれに適合したチョイスをして下さい。




投稿者:remodel
そんなことないですよ、でもうれしいです。が正しい?
 
筆者の思うところあり、「大根足」の由来を調べてみました。辞書では確かに「女性の太い足をからかっていう語」とありますが、古くは古事記の仁徳天皇の歌で「つぎねふ山代女の木鍬持ち打ちし大根根白の白腕〜」と載っており、当時の大根は今のように品種改良がされていないことから、小ぶりだったようです。大根足の本来の意味は女性の白い足のこと。(諸説あり)ほめ言葉ですよね。
 とはいえ、大根役者という言葉もありますので、よい意味ではないのでしょう。反骨精神でこれから肉体改造を目指します。


投稿者:remodel
デッドスペースをなくして広げます

ユニットバスの壁裏には、配管のためのスペースが設けられています。最近は、この空間を極力少なくする工夫が進められ、余裕分を浴室空間の拡張に使えるタイプが登場しています。
 同じスペースで幅・奥行ともに役10cm広い浴室を実現できます。浴槽の違いで、脚を「く」の字に曲げなくてもすみます。毎日の入浴の快適さに大きな差が出ます。
 ユニットバスは規格が決まっていますので、当てはまらない場合もありますが、適合すれば今までと同じスペースで一回り広い浴室を実現できます。
 


NiwaNaviImage

風呂釜を外に移設して広々

 古い浴室では、バランス釜と呼ばれる風呂釜が浴槽の横に設置されていることがあります。浴室内にあるため、浴槽は狭くなり、風呂釜の奥など周辺も掃除しづらいものです。直接水がかかるところにある為、風呂釜自体も傷みやすくなります。
 風呂釜を屋外設置型や、外壁にはめ込むタイプに替えることで、浴室内の風呂釜スペースをy浴槽の拡張に当てることができます。浴槽は20cm以上も拡がり、快適度が大幅にアップします。浴室がすっきりして、掃除しやすい空間が実現します。
 マンションなど集合住宅では、管理規約によって変更できない場合もあります。検討の際は必ず確認しましょう。
 


NiwaNaviImage

出窓なら開放感があって広々
 
浴室を実際に拡げるのが難しい場合は、出窓によって空間に広がりをつくるという方法もあります。湯船に浸かったとき、目線の先に大きな出窓があると、開放感があるため、狭さも感じにくくなります。ユニットバスでも、建物の制約がなければ出窓を取り付けることができます。
 また、最近のユニットバスには、出窓の奥行きスペース洗い場や浴槽の一部に組み込んで、浴室として一体化させた商品もあります。設置に当たっては、いくつかの条件がありますが、適合すれば現在の浴室より、およそ半畳分も浴室を拡張できます。
 広くなった浴槽と、視界の開放感が楽しめます。


NiwaNaviImage
投稿者:remodel
無駄のない動線を考えレイアウト
キッチンのレイアウトとは、通常はシンク、調理台、コンロの配列をいいます。
I型、L型が最も多く、他にU型、況拭部屋の中央に独立させるアイランド型などがあります。冷蔵庫、調理家電、食器棚などとの動線を考慮して計画しましょう。また、これらの扉が開く向きも、動線に影響するので注意します。
NiwaNaviImage
I型
○シンプルなので比較的安い。
○部屋に向けて設置することで対面型にできる。
NiwaNaviImage
L型
○作業スペースがL字
○シンクとコンロの動線が良い
○コーナー下の収納に工夫が必要
NiwaNaviImage

○シンクとコンロが分離
○作業中に振り向く回数が多くなる
NiwaNaviImage
アイランド型
○どこも壁に接していない
○スタイリッシュだがキッチンが丸見え
 
 キッチンには、シンクとコンロの間に調理スペースがあります。まな板を置くほか、ボウルや食材などが置ける余裕が必要です。洗ったものを切って、鍋に入れ、火にかけるなど、調理をする人が1人の場合、スペースは60cm〜90cmが適当とされています。これ以上広がると、シンクとコンロが離れすぎて使いにくく、作業効率が落ちます。
 また、調理や片付けに関わる配膳台、冷蔵庫、調理家電、食器棚、ゴミ箱などの距離も軽視できません。狭ければ動きがとれず、広すぎても効率が悪く疲れてしまいます。いずれも数歩で移動できる配置にすることがポイントです。
 広さや余裕がある場合は、買い置きの食料や雑貨の収納スペースにしましょう。


NiwaNaviImage
投稿者:remodel
振動を熱に変え何度も使える
地震への備えは万全にしておきたいもの。施工は大がかりになりますが、地震の揺れそのものを軽減してくれる制震ダンパーがあります。
耐震と制震の違い
NiwaNaviImage
 地震への備えというと「耐震」をイメージする方が多いでしょう。
 一言でいうと、耐震とは揺れに耐えるということ。つまり、大きな揺れが起きても変形を抑えられるような強い建物に補強するのが耐震です。
 一方の「制震」とは、地震の力を受け流すこと。地震の揺れを吸収することで、建物を守るのが制震なのです。


     制震ダンパーとは
制震ダンパーは壁の内部に設置して、振動を伝わりにくくする装置です。
 木造住宅に施工すると、地震の揺で伸び縮みするダンパーを、壁のフレームの間に渡します。ダンパーは自動車のブレーキと同じように、特殊なゴムや油圧により、摩擦で揺れを熱に変換します。しなやかに動くことで、地震の力を他に分散させるのです。
 ある実験によると、揺れを最大70%も吸収しました。振動を受け流すので、何度でも繰り返し使用でき、建物への負担が少ないのが特徴です。
NiwaNaviImage
後付も可能
 壁のフレームの間に取り付ける制震ダンパーは、新築の際に付ける場合が多いのですが、後付けも可能です。壁を壊すような大がかりなリフォームの予定があるときには、検討してみると良いでしょう。
 最近では床下や天井に入れる制震ダンパーも開発されています。
投稿者:remodel

適切なメンテナンスで家の寿命を延ばそう
NiwaNaviImage

真夏の強い紫外線や台風などの雨風にさらされる屋根は、定期的な点検とリフォームが欠かせない場所。正しいメンテナンスをすれば、家の寿命だけではなく、耐震性や断熱性もアップします。

「塗装」で家の寿命を延ばす

屋根のリフォームには、おもに「塗装」「葺き替え」「カバー工法」の三種類があります。なかでも、最も手軽でコストを抑えられるのが「塗装」です。
 塗装には、塗料のもつ防水機能の働きで雨水の浸入を防ぐ役割があります。しかし、紫外線や雨風にさらされることで塗料は少しずつ劣化し、新築から10年ほどで防水機能がなくなるとされています。
定期的に塗り替えを行うことで家の寿命を延ばすことができます。一般的な塗り替えの時期の目安は、スレート屋根、金属屋根、セメント瓦ではおよそ10年に1回です。

「葺き替え」で耐震性までアップ
 一般的に築30年を過ぎた家は、葺き替えなどの本格的な屋根リフォームが必要になります。
 葺き替えとは、下地を含む古い屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材に取り換えること。屋根を全部取り換える為工事も費用も大掛かりになりますが、屋根が新築同様に生まれ変わるので、家の寿命が大幅に伸びます。
 また、最近の屋根材は昔に比べて性能が向上し、軽量化が進んでいるのもポイント。屋根が軽くなると建物の重心が低くなるので、おのずと耐震性もアップします。

断熱・遮熱・遮音性が向上する「カバー工法」
 本格的な修繕で費用を抑えたい場合には、カバー工法という選択肢もあります。
 カバー工法とは、既存の屋根に新しい屋根材をかぶせるのも。屋根が二重になって重くなるため、耐震性が下がるリスクが心配されますが、最近は軽量の金属屋根が主流となり、その心配もなくなりました。
 金属屋根がカビや苔にも強いため、劣化しにくく美観が長持ちするのもメリット。なかには、特殊な加工により、遮熱・断熱性が上がるうえ、20年ほど塗り替えが不要なものもあります。遮音性に優れたものなら雨の音も気になりません。
 カバー工法は、既存の屋根を撤去しないので屋根材の処分費がかからず、工期が短いのも特徴。住みながらのリフォームも可能です。ただし、既存の屋根をを下地として利用するので、傷みが激しい場合が施工できないこともあります。まずは信頼できる工務店に相談してみましょう。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
投稿者:remodel
ピカピカになってキレイをキープ

キッチンの中でもガスコンロは特に汚れやすいところです。システムキッチン全体を交換しなくても、気になるコンロだけを交換することができます。
実は簡単!ガスコンロの交換
 ガスコンロは、長年使っていると汚れが蓄積。そろそろ交換したいけど、システムキッチンに組み込まれているから無理だとあきらめていませんか。
 実は、ビルトインコンロの交換はとても簡単にできます。数時間の工事で済むので、その日の夕食から新しいコンロでお料理ができます。
NiwaNaviImage
最新のコンロならお手入れ楽チン
 最新のコンロにはお手入れしやすい工夫がたくさん。
 フラットな天板に小さく軽い五徳がセットされたものが主流になってきました。煮こぼれが入り込んでしまう汁受け皿がないので、バーナー廻りのお手入れが簡単です。
 天板は、汚れにくいように表面に撥水加工が施されていたり、水で汚れが浮き上がるよう親水性コーティングされているものなどがあります。汚れが付きにくく掃除が手軽です。これなら、いつまでもキレイな状態をキープできますね。
NiwaNaviImage

自宅のキッチンに適したコンロを選ぼう
 コンロを交換するときに知っておきたいのが、コンロ天板の幅についてです。
 従来のコンロの天板の幅は60cm幅が主流でした。キッチンの調理スペースに余裕があれば、60cm幅のコンロから75cm幅のコンロへの交換ができます。もちろん、その逆も可能です。
 天板サイズが大きくなると手前2つのバーナーの間隔が広くなるので、大きめの鍋を2つ同時に使うときも邪魔にならず、使いやすくなります。ただし、天板が広くなった分、調理スペースが若干狭くなるので、よく考えてサイズを決めましょう。
 思い切ってコンロだけでも交換すると、お料理もお掃除も楽しくなりそうですね。まずは各メーカーの最新機種を比べてご家庭にぴったりのコンロを見つけてみては。
NiwaNaviImage
ガスコンロからIHへの交換も可能
 ガスや電源の工事が必要になりますが、IHクッキングヒーターへの交換も可能です。IHは炎の燃焼が少ないため。「室内の空気を汚さない」「火災の危険が少ない」などのメリットがあります。コンロ交換のタイミングで検討してみましょう。
キッチンリフォームで健康的な生活に
 リフォームに関する調査では、キッチンをリフォームした7割の人が「より健康的な生活に変わった」と回答していますs。
 具体的には、自宅で料理をするようになり出前や外食の機会が減った、家族でゆっくり食事をとるようになった、という意見が多くみられました。野菜やフルーツをより多く食べるようになったと食事内容まで変わった方もいました。
 キッチンが変わると、心と体にも良い影響をもたらすようですね。
NiwaNaviImage
投稿者:remodel
NiwaNaviImage
メンテナンスで伺う機会が多いのが排水口の詰り改善。
放っておくと臭いなど衛生面だけでなく、水漏れ等キッチンの寿命が
短くなってしまいます。
市販のキッチンハイターなどを使い、つかい古しの歯ブラシなどで掃除する・・・よくある光景が右の画像。

今回ご紹介の動画は、「MAMADAYS」
”1分動画でママの課題解決”を掲げるファミリー&ライフスタイル動画メディアです。離乳食や幼児食の作り方、掃除術や洗濯術やDIYなど、ママのためのお役立ち動画をSNSで毎日配信しており、フォロワー数50万人を超える国内最大級のママ向け動画メディアとなっています。
NiwaNaviImage

(外部リンク)「MAMADAYS」動画サイトはこちら→https://www.youtube.com/playlist?list=PLn6UW_gEcI5bwqceozv7KnzmGfjIeA-qg⇒⇒
投稿者:remodel
浅型のゴミ受けかごで清潔に

 シンクの排水口に内臓された従来のゴミ受けかごは、深型のバスケットタイプです。生ゴミの臭いは水分と時間経過によって発生します。ゴミ受けかごがいっぱいになるまで放置すると、臭いぬめりも出始めてしまいます。また、細かいゴミも流れがちです。
 新しいシンクのゴミ受けかごは、浅型かごです。生ゴミを溜め込むだけの容量がないので、ゴミが出たらすぐに処理することになります。すぐに処理すれば、臭いぬめりも発生する暇がありません。先延ばしになりがちなゴミ捨てを促されているようです。細かいゴミが流れにくくなれば、配水管の詰まりも防げます。
 多くは衛生的なステンレス製です。ゴミを処理したらすぐに洗っておきましょう。


NiwaNaviImage

 また、排水口のゴミ受けかごの下には、トラップといわれる水がたまっている場所があります。下水管からの臭いや害虫の侵入を防ぐ、フタの役割をしています。
 かつては、ゴミ受けかごを掃除するたび、ぬめったトラップのほうへ手を入れるのが億劫でした。その上、ゴミ受けとトラップが一体になって、シンク下の収納スペースの場所をとっていました。
 新しいタイプの排水口では、ゴミ受けかごとトラップが分離し、それぞれがコンパクトになっています。トラップは配水管の途中に作られ、シンク下の奥のほうに納まっているため、ふだんは目に付かず収納の邪魔になりません。トラップの位置が変わって、排水口の形状は以前よりずっとシンプルになり、掃除がしやすくなっています。
 ぬめり取りの掃除には市販の洗剤がありますが、10円玉やアルミホイルを丸めたものを排水口にいれておくと金属で分解され臭いが取れます。 


投稿者:remodel
昔の家と今の家 比べてみよう

以前は、四方をブロック塀で囲まれた家が多くなりました。
最近の住宅では、開放的なフェンスが主流になっています。

がっちり囲うブロック塀
NiwaNaviImage
 昔の家に多い、大人の肩の高さくらいあるブロック塀。ブロックの内部には鉄筋が入っており、風通しと装飾を兼ねた「透かしブロック」が入っている場合もあります。
 一見頑丈で家を守ってくれそうなブロック塀ですが、実は防犯上の問題がありました。高いブロック塀は中に不審者が入っても、外から見ることができません。地震や劣化により崩れることもあり、危険でした。

見通し良く開放的なフェンス
 今の家は、フェンスをつけない家庭もあるほど開放的。
 フェンスがある場合も、低い位置で、スリットなど見通しの良いものが主流です。中から見えやすく、外からは見えにくいスリットなら、さらに防犯性がアップ。家の向きを考慮してつければ、プライバシーも守られます。
 ブロック塀は、光や風も通すフェンスへと移り変わってきたのです。
NiwaNaviImage
施工事例
NiwaNaviImage


ブロックの高さを1mに抑え、目線をさえぎる素材にアルミフェンスを選択しました。 塀の上部を軽量化することで安全性を高めます。

施工事例詳しくはこちら(J GARDENサイト)⇒⇒
NiwaNaviImage
米杉(レッドシダー)をつかって高さ1.8Mの目隠しフェンスをつくりました。
デザインは「大和貼り」です。
特長はメインの立板材を表裏交互に貼りことで、通風性が良くて目隠しになることです。敷地内が見えにくい利点があり敷地境界の板塀などに最適です。

施工事例詳しくはこちら(J GARDENサイト)⇒⇒
投稿者:remodel
不等辺三角形の法則で庭に奥行きと調和を

» 続きを読む

投稿者:remodel
一度使うと、その便利さに驚く電動シャッター。防犯対策になるだけでなく、快適な住空間をもたらします。
 防犯に役立つシャッターですが、重さがあるため開け閉めには力が必要です。
 しかし、電動シャッターなら、家の中からリモコン操作で簡単に開け閉めができます。中には、リモコンひとつですべての窓シャッターwp一斉操作できるものがあります。
NiwaNaviImage
 また、電動なので音が静かなことも特徴で、騒音が気にならないため早朝や夜間の使用も可能です。さらに、使用する時に窓を開け閉めする必要がないため、外の暑さや寒さ、虫や雨などが入り込む心配がありません。1年を通して快適な環境を実現します。
投稿者:remodel

ホーム » リ・モデル通信(スタッフブログ)
Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2019-01   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区
NiwaNaviImage
”お庭が楽しい暮らし、
ご提案いたします”
エクステリア&お庭工事 J-GARDEN
エクステリア&お庭工事
J-GARDEN
スタッフ募集中!
詳しくはこちらをクリック
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
機能よりも趣にこだわったリガーデン
NiwaNaviImage