このページのトップへ
ホーム » リ・モデル通信(スタッフブログ)
増えてゆく物を場所を取らずにすっきり収納できる壁面収納は、実は防災の面でも優れた収納方法だったのです。
NiwaNaviImage
 物は、暮らしてゆくうちにどうしても増えてしまうもの。収納しきれず、床に置いてしまうと邪魔になるし、つまずくこともあり危険です。
 壁に棚を作って収納する方法がありますが、場合によっては棚にぶつかったり、揺れて物が落ちてくることもあります。
 それなら、思い切って壁一面を壁面収納にしてしまうのがどうでしょう。棚と違い、物が飛び出すこともないので、万が一地震が起きても安心です。
 収納場所として利用するのはもちろん、テレビなどの家電製品を置くのも良いでしょう。
 床に物を置く必要がなくなり、お部屋を広々使うことができます。家の中がすっきり安全に片付きますよ。
NiwaNaviImage
投稿者:remodel
使い古しのナイロンタオルで汚れを落とす
NiwaNaviImage
 セスキ炭酸ソーダと使い古しのナイロン製ボディタオルがあれば、簡単に網戸の汚れを落とせます。
 500mlの水に対しセスキ炭酸ソーダを小さじ1の割合で溶かします。ボディタオルにその水を含ませて、網戸を上から下へ拭くようにして掃除します。力を入れると網がたわむので、やさしく撫でるように拭くのがポイントです。
 セスキ炭酸ソーダは白木に使用するとシミになる場合があります。窓枠などには溶液がかからないよう注意しましょう。
投稿者:remodel
便利なトイレドアで快適に
トイレのドアで通路がふさがったり、掃除がしにくい、そんな不便を感じている方も多いのでは。ドアを取りかえることで、そのストレスを解決してみませんか。
場所を取らずに開閉できるトイレドア
 家庭では、開き戸タイプのトイレドアが多く使われています。しかし、開き戸は、扉を開くときにある程度の開閉スペースが必要です。このため、ドアを開けるると、その扉がトイレ前の通路をふさいでしまうことも。時には他の家庭が通れなくなったり、ぶつかったりすることもあります。
 実は、トイレドアの中には、開閉するのに場所をとらないタイプのものがあります。今回はそんなストレス知らずのドアをご紹介しましょう。

NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
開閉スペースが少ない2枚に折れるドア
 おすすめなのが折れ戸タイプのドアです。
 ドアをトイレの中に折り込むことで通常の開き戸と比べて1/3ほどのサイズになるため、開閉時のデッドスペースが少なく、ドアが通行の邪魔になりません。


開口部を広げれば掃除も簡単に
 引き戸を3枚組み合わせることでトイレのドアを全開することができるフルオープンタイプのドアもあります。
 トイレを使用する時は、引き戸を引いて2枚扉で出入りします。掃除の時は3枚の扉をトイレの外側にすべて移動させ、ドアを全開にします。
 開口部が広くなるため、トイレへの出入りがぐんと楽に。また、扉を全開にすることで、手が届きにくいトイレの隅々まで掃除がしやすくなり、トイレの中のメンテナンスが楽にできます。
施工事例
NiwaNaviImage
トイレリフォーム 
入り口を広く、出入りし易く!!

施工事例詳しくはこちら⇒
投稿者:remodel
夜は抑えた明るさと色に調整

秋の気配が近づいてきました。部屋で長い夜を楽しむなら、照明も見直しましょう。光や明るさを調整できるものがおすすめです。
昼は明るく 夜は穏やかに
 照明は明るければよいというものではありません。リラックスできる明るさや就寝前に適した明るさがあると知っていますか?
 活発な活動をする昼間は明るい光が良いのですが、夕方からの落ち着いた時間には、夕陽のような暖かみのある光が適しています。就寝前には、穏やかな眠りを誘う光にすると、寝つきが良くなります。
 人間は長い間、太陽の明るさや体温にリズムを合せてきました。昼夜の光の環境を整えれば、健やかな生活につながります。
 明るさを調整できる調光式の照明なら、つまみひとつで切り替えが可能です。昼間の明るさを100%だとすると、夕方からは50%、お休み前は10%程度がちょうど良い明るさです。
色や見え方も調整できる
 照明には、明るさだけでなく色や見え方を調整できるものもあります。
 朝は蛍光灯のような昼光色、夕方からは穏やかな電球のような色にすれば、体内のリズムに合い、生活にも変化がつきます。
 リビングで読書や勉強をするときには文字がくっきり読める照明に、家族でにぎやかに過ごすときには華やかな明るさなど、見え方を調整できる機能も良いですね。
 調光式の照明ならばTPOに合せて、明かりを使い分けることができます。
NiwaNaviImage
投稿者:remodel
自分だけの空間で暮らしを豊かに


趣味を楽しむなど、自分専用のスペースがあると、家での時間が充実するもの。それぞれに個人スペースがあれば、家族が一緒にすごす場所がより楽しくなりますよ。
NiwaNaviImage


趣味や家事を楽しむ専用部屋
 自分専用のスペースといえば、まずイメージするのが趣味を楽しむための部屋。映画や音楽、読書なども心ゆくまで楽しめますし、DIYや手芸・裁縫、アートなどの作品づくりに没頭するのも素敵です。
 また、趣味以外でも、主婦のための家事専用スペースがあれば、ゆったりとした気分で、洗濯物をたたんだり、アイロンをかけることもできます。料理好きな人なら、レシピ本を眺めながらじっくりと献立を考える時間も幸せですね。
 特別な趣味や目的がなくても、誰にも邪魔されずに過ごせる空間があるだけで、心に余裕が生まれそうです。
余っている部屋を活用
 新たに専用スペースを作りたいときに注目したいのが、今は使っていない部屋。独立した子どもがかつて使っていた部屋や、なんとなく物置になっているような部屋があれば、そこを専用スペースにするのも良いでしょう。
 防音設備を整えれば、楽器の練習スペースになりますし、映画を楽しむシアタールームにも最適です。
 絵を楽しむアトリエやDIY工房などにするのも楽しいものです。読書好きなら書棚を設けて、本に囲まれた部屋に仕上げてみませんか。
小さなコーナーに注目
 余っている部屋がなくても、専用のコーナーを作るだけで、毎日の暮らしの満足度がアップします。たとえば、キッチンなどの水廻りの近くにワークスペースを用意すれば、家事の合間にパソコンや読書を楽しめる空間に。
 リビングの一角のスペースを上手に使えば、小さな書斎が完成します。個室として独立していなくても、自分だけの空間はホッと落ち着けるもの。
 また、趣味のアイテムなど、個人的な持ち物をそれぞれの専用スペースに収納すれば、リビングなどの共用部分がすっきりを片付くというメリットもあります。
NiwaNaviImage
投稿者:remodel



恐れ入りますがコンテンツ準備中です。
投稿者:master
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 10 | 11 | 12 || 次のページへ≫

ホーム » リ・モデル通信(スタッフブログ)
Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2019-01   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区
NiwaNaviImage
”お庭が楽しい暮らし、
ご提案いたします”
エクステリア&お庭工事 J-GARDEN
エクステリア&お庭工事
J-GARDEN
スタッフ募集中!
詳しくはこちらをクリック
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
機能よりも趣にこだわったリガーデン
NiwaNaviImage