このページのトップへ
ホーム » リ・モデル通信(スタッフブログ) » 冬場のお風呂は「ぬるめ」が基本

冬場のお風呂は「ぬるめ」が基本

空気が乾燥している冬場は、肌の乾燥も気になります。得に、お風呂上りは肌が乾燥しがちです。
入浴により、皮脂などの保湿成分が流れてしまったり、肌の水分が蒸発することで乾燥を進めてしまうからです。
お風呂上りの乾燥が気になるなら、お風呂の入り方に気をつけてみましょう。
お湯の温度は「ぬるめ」が基本です。39℃前後の設定にしましょう。そして長湯も良くありません。湯船に浸かるのは10分程度。乾燥がひどいなら、5分以内にした方が良いでしょう。
また、ボディタオルやブラシでゴシゴシ体を洗うのは肌に大きな負担をかけます。石鹸を良く泡立てて、手のひらでやさしくなでるのがポイントです。石鹸も低刺激のものを選ぶといいですよ。


コメント

コメントを書き込む










Contact
ブログカレンダー
<   2019-01   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区