このページのトップへ
ホーム » リ・モデル通信(スタッフブログ) » 太陽の光を取り込んで冬の部屋をポカポカに

太陽の光を取り込んで冬の部屋をポカポカに

冬を暖かく過ごすポイントは、太陽の「光」を取り込むことと、室内の熱を外に逃がさないことです。
その鍵となるのは窓です。
断熱性の高い窓で、しっかり断熱しながら太陽の暖かさを取り込めば、冬の部屋はポカポカ快適です。



冬場の南側の窓から差し込む太陽光には1000Wの電気ストーブ並みの暖房能力があると言われてます。
天気の良い日はカーテンを開け、窓から太陽光をとりこみましょう。

太陽光や暖房で部屋を暖めたら、その熱を逃がさない工夫が必要です。カギとなるのが、窓の断熱です。
冬に部屋から逃げる熱の半分以上は窓からと言われるほど、窓は家の中でも一番の出入が多い場所です。
そのため、断熱性の低い窓だと、暖かな空気がどんどん外に逃げることに。逆に断熱性の高い窓なら部屋の熱が逃げにくく、効率よく部屋が暖まります。



複層ガラスなら断熱性が約2倍に
窓には、1枚のガラスで出来た単板ガラスと、2枚のガラスの間に空気層を含む複層ガラスがあります。
日本の住宅の約7割では単板ガラスが使われていますが、単板ガラスは熱を逃がしやすく、断熱性は期待できません。
一方の複層ガラスは、空気層が断熱効果を発揮。単板ガラスの約2倍です。さらに、熱の伝わりを抑える特殊な金属膜を使ったLOW-E複層ガラスと呼ばれる高性能な複層ガラスなら、断熱性は単板ガラスの4倍に。


また、窓のフレームも金属製のアルミサッシよりも樹脂製のサッシの方が高断熱です。
アルミの1000倍!の断熱性を発揮します。



壁を壊さず窓をリフォーム
最近の窓のリフォームは簡単に短時間で終わる工法が登場しています。
なかでも手軽なのは、今ある窓をそのまま残して、内側にもう一つ窓を設置する内窓。新たに取り付ける窓を複層ガラス、サッシを樹脂にすれば、断熱効果が大幅にアップします。
1つの窓なら1時間程度で工事が終わる手軽さもメリット。但し、窓が2重になるので、開け閉めや掃除の手間が増えます。
2重窓が面倒であれば、既存の窓枠に新しい窓枠をかぶせて取り付けるカバー工法があります。こちらも壁を壊さず工事ができるので、1つの窓なら2時間〜半日で工事が終わります。


NiwaNaviImage

LIXIL/インプラスウッド
木、アルミ、樹脂それぞれの素材の特長を掛け合わせたハイブリッド構造。インプラスの高性能はそのままに木のぬくもり、やさしさをプラスしデザイン性を高めています。
2重サッシは断熱だけでなく、防音・防犯効果のメリットも。

コメント

コメントを書き込む










Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2018-12   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区
NiwaNaviImage
”お庭が楽しい暮らし、
ご提案いたします”
エクステリア&お庭工事 J-GARDEN
エクステリア&お庭工事
J-GARDEN
スタッフ募集中!
詳しくはこちらをクリック
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
機能よりも趣にこだわったリガーデン
NiwaNaviImage