このページのトップへ
ホーム » リ・モデル通信(スタッフブログ) » スレート屋根は10年で塗替え30年で葺き替えか重ね葺きを

スレート屋根は10年で塗替え30年で葺き替えか重ね葺きを

スレート屋根は塗替えや葺き替え、重ね葺きといった定期的なメンテナンスが必要です。



施工しやすく安価で人気のスレート屋根
多くの新築住宅で採用されている屋根材に「スレート」があります。
施工が簡単、軽くて地震に強い、価格がお手ごろ、などが人気の理由です。
「コロニアル」や「カラーベスト」などと呼ばれることもあります。
スレート屋根は表面の塗装が劣化すると、色あせが発生したり、防水機能が低下したりするので、10年を目安に塗替えを行うのが一般的です。


新築同様に生まれ変わる葺き替え
現在普及しているスレートの耐用年数は30年程度と言われています。30年を目安に葺き替えか、重ね葺きを行います。
葺き替えとは、古い屋根材を全て撤去して、新しい屋根材に取り替えることです。
屋根を全部取り替えるため、工事が大掛かりになり、費用もかかりますが、下地まで新しくなるので、屋根は新築同様に生まれ変わります。
新しい屋根材にはスレートの他、ガルバニウム鋼板やアスファルトシングルなどが使われます。
今より軽い屋根材を選べば耐震性がアップ。耐久性の高いものを選べば、その後のメンテナンスもラクになるでしょう。



負担の少ない重ね葺き
一方、重ね葺きとは、今ある屋根の上に新しい屋根材を重ねることです。下地が傷んでなければ施工が可能です。
新しい屋根材にはガルバリウム鋼板yあアスファルトシングルなどが使われます。
重ね葺きは古い屋根材を剥がす必要がないため、廃材が出ません。工期が短く、コストも抑えられます。
新しい屋根材の分だけ屋根が重くなるため、耐震せいが少し低下する恐れもありますが、多くの場合は問題ありません。


NiwaNaviImage
化粧スレート
セメントと繊維を混ぜて、厚さ約5mmに成型された平板状の屋根材です。
「カラーベスト」や「コロニアル」ともいわれています。最新のスレート屋根には30年塗替えが不要な高耐久な製品も登場。
平成18年以前に製造された化粧スレートには、石綿(アスベスト)が含まれている可能性があります。
今住まわれている屋根が化粧スレートでもすぐに健康被害が出るわけではありません。そのままでも、アスベストが飛散することはまずないでしょう。しかし、雨漏りや経年劣化等で屋根の葺き替えをされる場合は別です。葺き替え工事中にアスベストが飛散するので、施工業者との綿密な打ち合わせが必須です。


ガルバリウム鋼板
アルミニウムをおもな原料とした金属製の屋根材。屋根材のなかで最も軽く、スレートの1/4程度。錆びにくく、耐久性が高い。とはいえメンテナンス不要ではないのでご注意を。

NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
アスファルトシングル
ガラス繊維にアスファルトを浸透させ、表面に細かい石粒を貼り付けた屋根材。スレートの1/2程度の軽さ。柔らかく、割れたり、金属屋根材のようにサビついたりしないメリットがあります。 石粒で覆っているため傷つきにくく、防水性・耐候性・耐久性に優れています。軽量で耐震性も高いため、地震対策にも適した屋根材です。

コメント

コメントを書き込む










Contact
ブログカレンダー
<   2019-03   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区