このページのトップへ
ホーム » リ・モデル通信(スタッフブログ) » 人体サイズと建物サイズ

人体サイズと建物サイズ

階段が急勾配だったり、扉の使い勝手が悪いと思ったことはありませんか?それは、日本の建物のサイズが100年前から変わっていないためです。
基準となるのは「一間=182cm」「半間=91cm」で、ここから家の各部分のサイズがはじき出されています。
しかし、日本人の身体は100年前より平均身長で約20cmも大きくなっています。
鴨居に頭をぶつけたり、廊下や階段を通り抜けにくかったりという問題が起きやすくなるわけです。
また、家具そのものも大きくなり、洋風のベッド、ソファ、タンスなどを100年前と同じサイズの家に置けば、見えている床が少なくなって当然です。
目安となる一間、半間というサイズが現代人にはかなり窮屈に感じるわけですが、例えば鴨居までの高さは一間、170cm以上の人が気分よくスキップすれば頭を強打してしまいます。
階段は半間のスペースに作られることが多く、これに手すり部分を加えると実質の幅は70cmほどになります。
70cm幅では、普通に歩いていれば圧迫感はあるものの問題は少ないのですが、物が置いてあったり、人とすれ違ったりすれば通りぬけるのに苦労する幅です。建売住宅などでは一間、半間が基準となっていることがほとんどですが、リフォームするときにはこの規格されたサイズにこだわることなく自由にプランをたててみましょう。


コメント

コメントを書き込む










Contact
TEL 0120-940-828
ブログカレンダー
<   2019-04   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
住宅リフォーム・メンテナンス・
エクステリア工事

株式会社リ・モデル

〒332-0002
埼玉県川口市弥平4-7-2
TEL:0120-940-828

- 施工エリア -

【埼玉県】
川口市/蕨市/戸田市/草加市/さいたま市(南区、浦和区、緑区)

【東京都】
東京都北区/足立区/豊島区/板橋区